法知識がないせいで窮地に陥った話

以前、所有している土地に貸店舗を設置して知り合いに貸していたのですが、私が賃貸の法律についてまったく無知だったせいもあって、ちょっとしたトラブルになり、不利益を被ってしま

法知識がないせいで窮地に陥った話

44才、男性のエッセイ : 以前、所有している土地に貸店舗を設置して知り合いに貸していたのですが、私が賃貸の法律についてまったく無知だったせいもあって、ちょっとしたトラブルに

以前、所有している土地に貸店舗を設置して知り合いに貸していたのですが、私が賃貸の法律についてまったく無知だったせいもあって、ちょっとしたトラブルになり、不利益を被ってしまったことがありました。

その知り合いとは学生時代からの友人でしたので、安心して店舗を貸してあげていました。
初めの2年くらいは友人のやっていた商売も順調で、家賃などもちゃんと払っていてくれていました。
3年目から景気が悪くなってきたせいか、友人のお店も売り上げが悪くなってきたみたいで、家賃の滞納もでてくるようになってきたのです。
結局、その年の末にその友人が私に何も言わずに逃げていってしまいました。

賃貸料も請求できず店舗もそのままで、いろいろな業者から借金などの肩代わりをさせられたりして散々な目にあってしまいました。
友人とははじめから貸し借り契約書を作っていませんでしたので、弁護士の方に相談したのですが、私の泣き寝入りで終わってしまいました。
これからはこのような失敗をしないよう、どんな仲の良い方とでも法律的な契約はしっかりしようと肝に銘じました。

イチオシサイト