法知識がないせいで窮地に陥った話

法知識がないせいで窮地に陥った話というと、知り合いが離婚でもめたときにそういった経験をしたそうです。

法知識がないせいで窮地に陥った話

39才、男性のエッセイ : 法知識がないせいで窮地に陥った話というと

法知識がないせいで窮地に陥った話というと、知り合いが離婚でもめたときにそういった経験をしたそうです。

知り合いは、会社で知り合った男性と結婚して子供も生まれ、成長し、子供たちが独立をしたときにいきなり夫から離婚を言われたそうです。
離婚理由は性格の不一致とだけ言われたようですが、なんとなく浮気をしているような雰囲気は以前から感じていたそうです。
ですが、突然のことにショックを受け、毎日夫から責められて精神的に不安定になった知り合いは、離婚しなければ慰謝料を請求するという夫からの脅しを真に受け、言われるまま離婚届けに印を押しそうになったそうです。

それを友達が聞きつけ、慰謝料を請求されるどころか、夫とその浮気相手に慰謝料を請求することができる、と教えてあげたそうです。
浮気の証拠も探偵社の素行調査で押さえ、離婚に強い弁護士を友達から紹介してもらって離婚調停に臨んだそうです。
その結果、慰謝料もたくさん双方からとることもできたようです。

法知識がないせいで、有責の夫から身ぐるみはがされて放り出されそうになったところを、友達の法知識のおかげで助けられた知り合いは、ある意味幸運だったと思います。