法知識がないせいで窮地に陥った話

法知識が無いせいで窮地に陥ったのは、仕事で輸出業務に携わった時の話です。

法知識がないせいで窮地に陥った話

27才、男性のエッセイ : 法知識が無いせいで窮地に陥ったのは

法知識が無いせいで窮地に陥ったのは、仕事で輸出業務に携わった時の話です。

輸出には、展覧会や評価用に一時的な期間を限定し、関税を免除される輸出方法があります。まず私はこれを知りませんでした。
そのため、とある輸出業務に携わった際、割と高額な品であったおかけで、発生する関税も非常に大きな額となってしまい、その関税をどのように負担するかに頭を抱えていました。

その時、前述の関税免除の方法を知ったので、喜んでその方法を採用したのですが、ここで法律を良く知らなかったため、非常に大きな問題を起こしてしまいました。
この方法では、輸出した設備を1年で日本に積み戻しをしなければならなかったのです。
これにより輸出した設備を取り戻さなければならず、しかも1年という期限を知らなかったので、期限がギリギリになってからその事実を知らされました。

それからは非常に忙しい対応を迫られました。
万が一期限を過ぎてしまうと、莫大な関税が発生する事となり、これを支払う事は不可能に近かったのです。
なんとか期限内に間に合ったからよかったものの、間に合わなければ私はクビになっていたでしょう。