法知識がないせいで窮地に陥った話

法知識がないせいで、窮地に陥った話を聞いたことがあります。

法知識がないせいで窮地に陥った話

29才、男性のエッセイ : 法知識がないせいで、窮地に陥った話を聞いたことがあります

法知識がないせいで、窮地に陥った話を聞いたことがあります。
親の介護をしていた子供が、相続で不利になったという話です。
親の介護をしていた子供も、まったく介護をしていなかった子供も、相続する金額が同じだったそうです。
介護をしていた側としては、まったく介護をしていなかった人と相続する金額が同じなのは納得出来ないと思います。
知り合いの場合、寄与分というものを知らなかったため、介護をしていない子供が得をするような結果になったそうです。
生前に介護等、特別なことをしていた場合には、寄与分というものが認められる場合があるそうです。

知り合いが親の財産を相続した時に、寄与分の知識がなかったために、苦しい立場に立たされたそうです。
介護をするために自分のしたいことも出来ず、金銭的にも支えていたのに、それを考慮せずに財産を分けたため、精神的にも金銭的にも大変だったそうです。
介護で自分の貯金も切り崩して頑張ったのにと嘆いていました。

寄与分という言葉を知らなかったために苦しい思いをしたと、知り合いは話していました。

イチオシサイト