法知識がないせいで窮地に陥った話

夫が働いていた職場から賃金が払われず、こちらも払うべきものが払えず、とても困ったことがあります。

法知識がないせいで窮地に陥った話

38才、女性のエッセイ : 夫が働いていた職場から賃金が払われず

夫が働いていた職場から賃金が払われず、こちらも払うべきものが払えず、とても困ったことがあります。
法律が全くわからない私達は、働いていたから給料は貰えて当然と思っていました。
その法律に間違いはありませんが、専門の方が間に入っても、支払う側が払う気が無ければ無理には取れないというのを聞いて、愕然としました。
どうしても貰いたいなら裁判と言われ、たとえ裁判に勝っても給料は手元にいくら残るのか、しかも時間がかかる、ということで諦めるしかありませんでした。

真面目に働いたのに何故こんな事になるのでしょうか。専門の方が間に入れば、当然貰えるものだと思っていました。
それが法律ですと言われ、法律って弱い者の味方ではないのだと思い知らされました。
知っていれば回避方法はあったかと言われたら、ないかもしれませんが、もし知っていたら、諦めるという覚悟は早くから準備できたかもしれません。当然貰えると自信満々に思っていたわけですから、落胆は大きかったです。
証拠も揃っていたのに、今思えば時間と労力を使っただけでした。